ようやく借りた家なのに電話が引けなくて困りました

電話の契約には長期間の契約が必要で、台湾人の保証人がいないと契約できません。 キンギョ
困ったものを挙げるというならいくらでも出来ます。電話です。
電話は公衆電話がありますから、さほど困りませんでしたが、電話線が来ていないのでインターネットが出来ないのが大変でした。実際、台湾でアパートを借りても、居留証が取れるまでの約半年の間、電話線も引くことが出来ません。また、電話も途中解約に関して厳しいペナルティがあるので、事実上駐在員でもなければ自分の電話を買うことは難しいのです。既に既設の電話があればいいですが、よしんば誰かの名義を借りて電話線を確保しても、ダイアルアップ式でのインターネットは覚束無いこと限りなしです。今のようにADSLや光ファイバーが一般的になると、こちらの事情を知らないので、重いファイルでも勝手に送ってきます。1000万画素の写真を2枚も送られたら、もう10Mにもなるので一日かかっても開けません。電話代も大変です。それで是非とも高速回線が必要になる訳です。ところが、ADSLを入れるには1年以上の長期契約が必要で、半年の予定では不可能でした。街のインターネットカフェーでもメールできないことはありませんでしたが、自分のプロバイダーを通してのメールを受け取れないのがストレスでした。今の時代、とりわけ外国で暮らす場合、ADSLは必需品といえそうです。
.
そういうわけで当阿甘語言中文科の宿舎には
各室全てにADSLが引き込まれており、パソコンを持参すればすぐにインターネットにつなぐことが出来るようになっています。WIFIも学校中で受信できます。勿論、自分の部屋でも繋がりますから、ipadやスマホがあれば、lineも使えます。殆どの人がこちらでフリーメールで遣り取りしています。またスカイプを入れている人もいます。メールで指示を出して社長業をこなしながら、ここで中国語研修をしている人もいるくらいですから。携帯電話もプリペイドで買えるようです。日本の電話をこちらで用いている人もいます。しかしインターネットなら無料で使えるというのが良いですね。パソコンを持参されなかった方には寮のパソコンが何台か無料で解放されていますので、それを使うことが出来ます。また、自分の部屋でパソコンを使用したいと言う方には1日100円でパソコンをお貸ししています。これで家族や知人との連絡も大丈夫です。
.
また、公衆電話に関しては学校の目の前の菜市場には公衆電話があります:
7−11には全て公衆電話があり、そこでテレフォンカードを買うことが出来ます。勿論小銭を入れて通話することも出来ます。通話料は大変安く,しないであれば1〜2元で話が出来ます。それにしても携帯電話の普及で、この公衆電話も姿を消しそうです。本当は全部取り払ってしまいたいところでしょうが、公共性があるために撤廃できない状況ではないかと思います。もはや公衆電話は台湾人にとっては必要ではなくなりましたが、簡単に携帯電話を買う事が出来ない外国人にとっては重要度がかなり高いと思います。
.
携帯電話を持つ事が出来ますか?:
日本でも携帯電話を買おうとすると身分を証明するものの他に様々な書類を提出しなくてはなりませんが、それは台湾でも同じです。そしてその身分というのは国民としての身分の事ですから、外国人が台湾人と同じ資格で携帯を持つには居留証が必要になります。更には保証人が必要で、2年間くらい解約できないような条項も盛り込まれています。実際ウチの家内が携帯を落としてしまい、それを後ろから来た自動車に踏みつぶされてしまいました。それで新しいのを買おうとしましたら、その期間が終了するまで新しいのは買えないという事で、再発行して貰ったSIMカードを古い携帯に入れて使っていました。それで大抵24ヶ月条項というものがあります。が、契約内容にもよっていて、毎月2000円以上払うプランだと15ヶ月くらいで大丈夫です。何れにせよ、そうなると半年くらいの期間で留学する人たちは携帯を持つ事が出来ない事を意味しています。しかし決して道がない訳ではありません。最近の傾向として日本で使用している携帯を台湾でも使えるようにしている人が多くなりました。しかしこれは勧められません。なぜなら、台湾国内で使う場合も、電波を日本に飛ばしてそこから中継するという何ともあきれた方法を採りますので、電話代が高いようです。大したことのない内容の電話も皆国際電話になってしまうので厄介です。それで、この電話を持ってきた人は使いたい時だけ電源を入れるようにしています。それはそれで一つの問題を解決しますが、常時電源を入れておくことが出来ないので、緊急用として使えないようです。長期の滞在を考える方はこちらでプリペイド式の携帯を買われる方が経済的です。学校の後輩に売り次ぐと言う方法もあり得ます。何度も台湾を往復される方は、台湾に来るたびに使えますので絶対こちらがお勧めです。このプリペイド式の携帯は桃園の空港か澎湖島でも買うことが出来ます。もう一つの方法は、親密な台湾人のいる場合に初めて可能な事ですが、彼または彼女の名義で購入して貰う事です。しかし、これとて、もし台湾を離れるとしたりすると大変な迷惑を掛ける事になりますので、そのことは十分考えなくてはなりません。一年以上使っていれば、それ以降電話代の支払いが滞ったとしても、電話が不通になるだけかも知れませんが、期間が短いと保証人にその電話自体の未償却分の請求があります。ちなみに私の携帯はいわゆる0円で阿甘語言中国語科のとある先生の名義で購入して貰ったものです。自分で購入する事も出来ましたが、その方が買いに行くからついでに買ってきてあげるというので頼んでしまったんですね。勿論支払いは続けているので問題はありませんが、請求がその方宛で来ています。
.
電話や手紙の書き方:
これについては このサイトが完璧に案内していますので、そちらをご覧下さい。手抜きで済みません。私がこれについて書こうとしても、このサイトの物まねしか作れませんので、ならば引用させて頂く事にしました。ご覧下さい。これは台湾に住んでいて、日本に手紙を書いたり、電話をする時の仕方です。その逆についてはインターネットでお調べ下さいませませ。  
.
宿舎なくて困った 交通手段で困った 電話回線で困った 台湾食事で困った 犯罪多くて困った
授業質問で困った 人数多くて困った 休み多くて困った 台湾注音で困った 排気ガスで困った

細木真理さんによるイラスト
リンク: 後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾で中国語(北京語)を短期間でマスターしよう!のトップに戻る