台湾留学・台湾では台湾式の注音が用いられますが、日本ではローマピンインでした。

台湾注音で授業がなされたので、さっぱり分かりませんでした。 キンギョ
この学校では中国と同じくローマピンインを用いています。
台湾の語学学校では台湾式の注音記号を使って発音を教えています。それは注音記号の方が、ローマピンインに比べて正確な発音が可能だからです。日本人が陥りがちな誤った発音の多くは、ローマピンインのローマ字からもたらされるものは少なくありません。確かにローマピンインはローマ字を用いて表記されますが、しかしそれは発音記号であって、ローマ字ではないのです。その区別が出来ないためにqu、ju、xu、yu等の発音が出来ません。qiu、jiu、xiu等も三重母音として発音できません。対はduiと書かれるためにドゥイ発音する人が多いですが、実際にはドェィ発音されるべきなのです。更には中国語には濁音がなく、あるのは有気音と無気音なのですが、ba、da、ga、za、zha等を全て濁音で表現してしまうために、日本人の中国語の発音はきれいではなくなり、ガギグゲゴ、ザジズゼゾの濁った発音になってしまいます。不知道はbu zhi dao と書きます。それである人はブジダオと発音するわけです。でも、そう言う先入観に捕らわれないで聞けば、プチタオと言っているのが分かります。そうです、それらは確かにローマピンインのなせる業かも知れません。
.
しかしです。それでも当校は、敢えてローマピンインを使って授業を行っています。
なぜなら、日本の中国語環境は完全に大陸の中国語です。台湾の注音を覚えても、それは時代錯誤というものです。継続して中国語を勉強するにはピンインを離れては成し遂げられないのです。更には今やパソコンは我々の生活に不可欠な存在となっており、日本語キーボードで中国語入力するには、ローマピンインが適しているからです。もちろん発音に関して、。上記のような傾向がある事を十分に理解して、そうした罠に陥らないようにと指導しています。阿甘語言中文科は、台湾の語学学校でありながら、中国のローマピンインを使って教えるという変わった学校なのです。必要であれば、簡体字での学習も可能です。ね、ユニークでしょ!特徴がないと競争の厳しいこの留学業界ではやって行けないでしょうね。何せここは日本人が耳にしたことのない、台湾の人でも来たことのない澎湖島ですからね。台北から飛行機代を掛けても惜しくない、ここまで足を運んで頂ける学校を目指しています。  
.
簡体字から中国語を学びました。
その様な人が大部分ですが、しかし、最初に繁体字で学ぶ方が相応しいと思います。繁体字はご存じかも知れませんが、日本の旧字体そのもので、ほんのちょっと前までは日本でも使っていたものです。例えば実用新案は實用新案と書きますし、学生は學生と書くのでやや複雑です。それでも理解できるでしょう。しかし、簡体字は元々の字を更に記号化している為に、覚えなければ使えません。例えば慶応の慶は簡体字ですと麻垂に大を書きます。慶であれば、それが喜ぶと言う意味である事が分かりますが、麻垂の大では分かりません。また穀物は一目瞭然ですが、谷物では何だか分かりません。それで、繁体字の方を先に学んでそれから、簡体字を学ぶ方が理に適っています。当校の教師はみんな簡体字が分かります。それは対照して覚えればよい事だからです。つまりこの字の簡体字はこれで、その字は簡体字だとこの様に書く、と覚えるだけで良いのです。その様な対照表がありますのですぐに覚えられるでしょう。当校の教師は簡体字にも精通していますので、教科書は繁体字を用いていますが、授業の際に簡体字を使う事はなんの問題もありません。個人レッスンであれば、教科書そのものを学習者が準備して下さるなら、簡体字のものを用いる事も出来ます。可能であれば教師用のも準備して下さると効率的かと思います。
.
宿舎なくて困った 交通手段で困った 電話回線で困った 台湾食事で困った 犯罪多くて困った
授業質問で困った 人数多くて困った 休み多くて困った 台湾注音で困った 排気ガスで困った

細木真理さんによるイラスト
リンク: 後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾で中国語(北京語)を短期間でマスターしよう!のトップに戻る