台湾留学・学校の休みが多くて困りました

人間ですから休みは当然です。しかし日本からやってきている身としてはあまり学校が休んでばかりいると、何をしき来たのか分からなくなってしまいます。 キンギョ
大学ほどではないですが、語学中心(語学センターも)休みが多いのです。
実はこの記事は感動して追加で書いています。というのは今日は2012年12月31日の大晦日です。普通どこでも休みでしょう。でも阿甘語言中文科はいつも通り授業がありました。明日は1月1日ですが、火曜日なので同じように授業があります。7−11のところを通ると、いつもああここはウチと同じだなぁと思います。年中無休の学校なんてありますか? 尤も土曜と日曜は休みますが、学生からの強い要望があれば、オプションで開講する事もあるんですよ。もちろん来年(2014年)の1月1日も台湾の農歴の春節もいつもと同じように月曜から金曜日まで普通と同じに授業していました。この後先生たちが好きな時期に休暇を取るのですが、こちらも正月まで働いて貰った弱みがありますから、重ならなければ好きなように休暇を取って貰っています。年中無休でやるには結構大変なんですよ。でもこれが当校のウリですから、差別化を図るために努力している部分です。こういうところを理解して下さいとは言いませんが、分かって欲しいですね。←同じですね。
.
3月6月9月12月などの開校の時期というものもありません。
なぜなら阿甘語言中文科は学生本位の学校を目指していますから、3月6月9月12月などと言う入学時期はありません。つまり、学生が来たその日から授業が始まります。日本と台湾の休みが違うので、先生たちは事実上土日以外の定休日はなく、時間のあるときに交代で休んでいます。つまり夏休みも冬休みも、正月休みも盆休みも、台湾の旧暦で行われる正月も学校は開かれているんですよ。普通の語学学校では何かと休みがあって、実質に学ぶ日数や時間は少ないのですが、阿甘中文は年中無休なのです。教師達がいつでも教える準備をしています。その日に澎湖島に着いた学生が、午後の授業に参加できたり、帰る間際まで勉強できるのも、そうしたすばらしい教師達がいるからです。勿論、学校の内部では遣り繰りが大変です。基本的には先生が休みたい時に休みが取れる体制を取っています。代理の先生がいつでも待機していて、その穴埋めを行っています。そう言う体制を作らないと、年中無休の学校は出来ません。これは小さな学校だけが行えることです。
.
小さい学校ですが、一つのグループも小さいために幾つかのクラスが出来ます:
それにより、新しく来た学生は、以前から行われている自分の実力にあったクラスに入ることが出来ます。例えば全くの初心者で、全てのクラスが自分の実力に合わないものであれば、新しく個人レッスンを始めて、そこに他の人が入るのを待ちます。或いは個人レッスンを受けて、実力を高めて、少し上のクラスに入れるよう努力します。それで大抵グループレッスンを希望する人は、グループレッスンを受けることが出来ますが、時には例のように、グループレッスンを希望していたのに個人レッスンと言うこともありえます。程度を上げるか下げるかすれば大抵ふさわしいグループを構成することが出来ます。少人数のクラスなので少しの差は問題ありません。勿論最初から最後まで個人レッスンを希望しているなら、そのまま個人レッスンの形態を保つことが出来ます。来たその日から学べるというのはこうした理由があります。必要ならば土日の特訓も行うことが出来、速やかにグループに移行出来るように助けています。こうした体制を採っているので、学生は時間を無駄にすることなく学べるのです。
.
普通、学校は学期が決まっていて、授業料は前納です:
もしも途中で帰らざるを得ない状況が生じても、大抵の学校の規則には「返金致しません」と書いてあり、事情を話したとしても話が通じることはありませんが、阿甘語言中文科は学んだ日から学び終えた日までの時間で授業料が計算されますから、途中で帰るというようなことが生じたとしても問題ありません。学ばなかった部分まで請求されることはありません。学習を終えた時点で請求額が決まりますから、非常に学生本位であることが分かります。学校が休みなら授業料は発生しませんし、学校は休まないのです。学生も休まないで授業を受けるべきでしょう。受けるべき授業を欠席した場合に関してはその時の状況で判断させて頂きます。授業しなかったなら授業料は発生しないという原則はありますが、無断で教師もレッスンの体制に入ってしまっている場合などは授業をしたと見なされる場合もあります。事務局への連絡が鍵になります。
.
宿舎なくて困った 交通手段で困った 電話回線で困った 台湾食事で困った 犯罪多くて困った
授業質問で困った 人数多くて困った 休み多くて困った 台湾注音で困った 排気ガスで困った

細木真理さんによるイラスト
リンク: 後ろ姿
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾で中国語(北京語)を短期間でマスターしよう!のトップに戻る