台湾の喫煙対策・罰金を取られないようご注意下さい

台湾の禁煙についての情報:
台湾で2009年1月11日から、ホテルやレストラン、バーなど公共の場所での喫煙を原則的に禁じる法律が施行され、違反者には最高で罰金1万台湾元(約3万円)が科されることになりました。この「煙害防止法」は、受動喫煙の被害を防ぐのが目的で、三人以上集まる室内では禁煙とされ、公共の場所で喫煙できるのは、換気設備が整っている場所などに限られる事になりました。すでに台湾では、病院や学校、劇場、図書館、オフィスビルやエレベーター内が禁煙となっていましたが、今回の法律では、ホテルやレストラン、カラオケバー、ネットカフェ、屋根がある駅など、これまでに禁煙とされてきた施設以外の全ての屋内公共施設で、喫煙が禁止される事になった訳です。この法律の施行されるかなり前から市民や観光客、企業への告知に力を入れていました。それで阿甘語言中文科も学校の入り口に禁煙の表示を掲げるようにお達しがありました。もう3ヶ月くらいになるので少し色がさめてしまっています。この新法では、3人以上いる屋内は全て禁煙となるほか、街中での歩きタバコも禁止となります。レストランや空港では一切タバコが吸えなくなります。吸った客も、吸わせたお店も罰金が課せられます。阿甘語言中文科も禁煙指定をされましたので、ここでは吸わないで下さい。学校にも罰金が課されるためです。
.
禁煙マーク
興味深いのは台湾は「無煙台湾」を目指していることです:
劉行政院長は「世界保健機関(WHO)のタバコ規制枠組条約『タバコ、煙のない環境』の呼びかけに応じて、共にタバコのない環境を作り出すものである」と述べ、全面的にたばこのない世界を目指していることを明らかにしています。この点でアジア太平洋地区で喫煙率が最も低いと言われる香港での喫煙対策にならおうとしているようです。10年前に喫煙対策を始めて、現在は1998年当時の喫煙率を3分の1まで減らすことに成功しているようです。日本では、日本の若い女性の喫煙率は20%を超えていると言う統計があるようですが、香港では3%程度と言うことからもこうした取り組みがかなり成功していることが分かります。そして、この点で香港の採った取り組みの一つはたばこの値上げでした。香港などの取り組みはかなり徹底していて、タバコ1本当たりの税額を50%引き上げ、当時の0.8香港ドル(約10円)から1.2香港ドル(約15円)としたのです。平均の販売価格は29香港ドルから37香港ドル(約466円)に上昇する事を意味しますが、香港政府はこれにより税収増とともに市民の喫煙率低下を計ったのでした。台湾もこれにならっていることは明らかで、劉院長は「法改正によってタバコ類の健康福利に充てられる額を引き上げ、それをさらに多元的なタバコ煙害防止と衛生保健事業に投入して、喫煙率の低下と国民の健康促進をはかりたい」とその意義を強調しています。それで香港と同様にタバコの「健康税」を倍増し、タバコ1000本、もしくは刻みタバコや葉巻1キロにつき500台湾ドル(約1400円)を課し、財政状況が厳しい国民健康保険制度に充てることを決めたと言うことです。肺がんは以前から台湾の代表的な死因になっていたようです。日本も批准しているWHO タバコ枠組み条約で規定されている閉鎖空間内での全面禁煙規制の期限は2010年2月である事を考えると、香港や台湾の取り組みや実行力には敬服の念を禁じ得ません。
.
そしてこの法律が施行されて、かなりの人が従っていると言うことです:
それは一つには、禁止エリア内で喫煙してる人を見つけて警察に通報した場合、通報者には報奨金が与えられる制度があるためです。今はどの程度の本気なのか様子を見ている感じです。そして、嫌煙者は報奨金と言うより、文字通り嫌煙感からそうした違反行為に敏感なために、こうした通報は少なくないかも知れません。実際に罰金を徴収されている人も沢山いるに違いありません。ある人は旅行者である日本人に対しては喫煙については甘いのではないかと考えるかも知れませんが、台湾政府はかなり本気ですので、禁煙エリア内で喫煙をしているなら、通報されることを覚悟しておいた方が良いと思います。嫌煙権意識から警察に通報する人は、タバコを吸っているのが台湾人なのか日本人なのかを確かめたりしませんので、警察は通報を受けた以上それを法律違反事件として扱わなければならないので、そうした通報があったら必ず罰せられると考えるべきです。台湾人もどれほどの取り締まりなのか様子を見ています。少しでも甘さを見せるならば、ザル法になりかねませんから、台湾人と外国人を何ら区別することなく扱うに違いありません。
.
そしてこの法律が効果的なのは、喫煙者だけでなく、喫煙を幇助した者に多額の罰金が課せられることです:
例えば禁煙場所に禁煙標識を設置しなかったり、喫煙器具等が設置されていた場合は、最高5万元(約15万円)の罰金が課せられる事になります。それで当校も早速学校の入り口や寮の玄関に禁煙のマークを貼りました。そんな罰金を払わされてはたまりませんからね。桃園国際空港・第一ターミナルの搭乗コンコースにあった喫煙ルームも「1月11日をもって閉鎖しました」の張り紙がされており、空港ビル内にはどこにも喫煙可能な場所はありません。ただ、一歩外に出たら今までどおり、くわえ煙草で道を歩いている人はたくさん居るようです。今度はたばこの吸い殻が道路に散乱しなければいいですけれどね。携帯灰皿を持っている人が増えたようです。いずれにしてもたばこを吸われる方にとっては大変な時代になりましたね。わたし甘ちゃん@管理人も以前はヘビースモーカーでしたが禁煙に成功し続けています。この際禁煙を考えてみるのも良い機会かも知れません。ウチの常連学生であるWATさんも、ここに来た時には吸っていませんでした。やめるつもりでいるようです。でもレストランで電子たばこを取り出してスパスパとやったものですから、あわててお店の人が禁煙だと言いに来たようです。罰金を取られては堪りませんからね。でも、電子たばこであることが分かって、何ともなかったようですが、まぁなんとも茶目っ気のある方です。禁煙に成功されるように望みます。
.
そしてふと思ったのはビンランはどうなのだろうか?と言うことでした:
ビンランは日本では麻薬とされており、その習慣性や作用から麻薬と見なしている人は少なくありません。また、口内ガンや舌に潰瘍やガンを生じさせることでも知られています。健康やその他諸々を考えますと、台湾ではビンランの方がタバコより先ではないかと思ってしまいます。日本でビンランは麻薬とされていて持ち込む事が出来ません。また、生ものなので取り扱いが難しいのか、ビンランの所持で捕まったというような話は聞いた事がありません。あの赤い汁は歯にしみ込んで、口の中は茶渋が着いたようになります。ビンランを常用していたと言う人に聞いてみると常習性があり、やめるのが難しいそうです。高速バスが一般道路におりたので、ああもうすぐ着くのかと思っていましたら、ビンランを買って、また高速道路に戻りました。ないといられないのかも知れません。トラックの運転手などが眠気防止に常用しているようで、体が熱くなるそうです。常習性があるので決して好奇心に駆られて試してみる事などはしないで下さいね。
.
始めて台湾に来た時に、ちょっと細めの椰子の木を見ました:
ああ南国だなぁ、台湾だなぁと思わせてくれたのがビンランの木でした。後ほどその木の実に石灰を挟んだ物を噛む事により化学変化が生じて、真っ赤な汁が出て来るという事を聞きました。それとは知らずに台湾の道路を見ると赤く血の流れたようなシミが至る所にあるので、台湾では流血事件が多々発生するのか、それともこれは動物の血なのかと想像をたくましくしたものです。ある人は台湾人が口から赤い血を吐き出しているので、ここは結核を病んでいる人が多いと恐れをなしたそうです。それらはビンランからでた汁でした。ちょっと黒みがかった本当に血のような色をしています。
.
もう一つビンランに関係した誤解がありました:
未だビンランのビの字も知らなかった時ですが、桃園の街の中をバスに乗っていた時ですが、あちこちにガラス張りのサンルームのようなものがあり、ここはプールが多いところだなぁと思いました。それにしても小さなサンルームだなぁと思いきや、それがビンランを売るお店で、男性客を引きつけるために水着を着ていると言う事を後ほど知りました。昔、たばこ屋の看板娘というのがありましたが、あれと同じ理由だそうです。でもタバコに対しては、画期的な措置がとれましたが、ビンランの経済効果を考えるとこれを禁止するのは難しいのかなと感じます。屏東とか台中や南投など自分が良く行くところはビンランだらけですからね。あれを切り倒すことの出来る政府はないでしょうね。タバコに対して出来た事がビンランに対して出来ない事はないと思うのですが・・・。
.
リンク:ここにあるリンクは全て阿甘語言中文科が管理し運営するHPです。情報をご活用下さい。 バナナボート
メッセージは  sakujyo-jwitness@rose.plala.or.jp 迄お寄せください。 迷惑メール対策のため先頭
についているsakujyo-を削除してからお送り下さい。お手数をおかけしますが宜しくお願いします。
台湾留学で短期間に中国語のトップに戻る