澎湖島のタクシーについて

空港で利用するタクシー:
馬公空港に着いたならば、そこからタクシーをご利用下さい。到着便の出口がタクシー乗り場になってます。予めHPから学校の住所、地図のページを印刷して下さり、それをタクシーの運転手に、見せると良いかも知れません。最近はウチの学校も知名度が上がって、阿甘日語補習班と中国語で言えば通じ(るかもしれません。通じると良いなぁ。)ます。元々は澎湖島の人に日本語を教えていたので、今でも日本語の学校と言わないと通じないかも知れません。    ここに←地図が載せられています。
.
   印刷せずに次の住所を書いて、タクシー運転手に見せるのも良い方法です。 馬公市新明路128号2楼 祖司廟前面有菜市場、市場後面有阿甘日語補習班 電話06−921−9647 手機0972−029483
.
 気になるタクシー料金ですが、空港から阿甘語言中文科まで10分くらいの距離ですが、300元取られます。10分位なのに高いのではないか? ぼられたのではないかと思う方もいるかも知れませんが、そうではありません。澎湖島の空港で使うタクシーは空港専用のタクシーであると言うことがその理由です。彼らはお客さんを目的地まで運んだ後、また、空港で控えるために戻らなければならないからです。彼らは市中で流してお客を拾うと言うことが規則によって出来ないので、そのことも考慮されているようです。しかし、空港専用ではないタクシーが、人を空港まで送って来る場合、そのタクシーを捕まえるなら200元で来ることができます。通常のタクシー乗り場より100メートルくらい手前に戻ると、そこは人をおろす所で、その辺にいて、人をおろしたばかりのタクシーを捕まえるなら、200元という意味です。時間があったり、試してみたい時はお勧めです。ここでは遠回りされたり、余計にお金を取られてしまうと言う心配は無用です。すれていないというか人が良いというのか、そう言う話は澎湖島で一度も聞いたことがありません。そしてタクシーはたぶんどこでも比較的安全ですが、それでも外国なので悪いタクシーにどこかに連れ去られたらと言うような心配をされる人もいます。どこかではそう言うこともあるかも知れませんが、ここ澎湖島では、そうしたことは先ず考えられません。それに空港付きのタクシーは、認可制できちっと管理されていますから安全この上なしです。たぶんそのようにきちんと管理して、必ずすぐに戻るように取り決めて、飛行機が着いたのにタクシーがないというようなことを防いでいるのだと思われます。又、観光客や外国から来た人は大きな荷物を持っていますから、それらの荷物をトランクに入れたりするのは重労働です。それで割増料金を許可することにより、彼らの労苦をその様にして評価しているのかも知れません。帰りには学校からタクシーを呼びますので200元で行くことが出来ます。値段は決まっていますので、安くしろとかの交渉はしないで下さいね。例外はこの、人を下ろしに来たタクシーなんです。200元到馬公可以口馬(口ヘンに馬)?で十分通じます。そうそう、もう一つ例外がありました。春節の時は空港から市内まで500元だそうです。お正月でみんな休んでいる時に、せっせと仕事するのでご祝儀と言うことでしょうね。決してぼられた訳ではありません。地元の人も台湾から来た人も同じお金を払っているので、この日は仕方ありませんね。   馬公空港はあなたが澎湖島に足を下ろした第一歩なので、澎湖島の地図の起点となるものです。タクシーの窓を通してみる澎湖島をしっかり脳裏に納めて下さい。後々の行動に起点がしっかりしているとバイクを借りてどこかに行く時など随分違ってきますよ。
.
阿甘中文科がいつも利用するタクシー:
阿甘中文科では、いつも同じタクシーを使っています。楊さんという人で、学生が帰る際に宿舎まで車を回して頂いていますが、いつも10分前には到着しています。たまに遅いと思う時などは、決まって楊さんが忙しくて仲間の人に代行を頼んだ時です。信頼できる人の仕事だなぁと感じさせてくれる人です。電話番号は0933−627055です。
.
観光案内でいつも利用するタクシーまたはガイド:
外国の地で、車もない知人もいないと言う状況では効率的に観光するというのはかなり難しい事かも知れません。事前にガイドブックか何かで情報に精通しているならこの限りではありませんが、普通はそんな事は不可能です。そして、澎湖島はまだまだ知られていない秘境に属する所で、日本語のガイドブックなども殆どありませんから、情報の集めようがありません。でもそんなときに利用出来るのはタクシーです。日本でタクシーを用いて観光しようとするならば、それこそ目の玉が飛び出る程取られますが、台湾はまだまだ人件費が安いので、大いに活用出来るのです。交渉にも依りますが、朝9時頃から夕方5時頃まで、つまり一日中貸し切りで2500元位です。前述の楊さんが行ってくれます。4人乗る事が出来ますので、割り勘にすれば600元です。タクシーを借り切って、運転手付きで一人600元なんて日本では考えられないでしょう。当阿甘中文でいつもお願いしている運転手さんなら2000元で大丈夫だと思います。当校にご連絡下されば、お取次しますよ。また、日本語を学んでいる人で、蔡さんという方も日本語のガイド兼運転手、そして勿論きれいな車付きで一日2000元で好きな所に案内してくれますよ。自分で初めから行く所を決めて、こことこことここに行きたいと言えばそのようになりますし、全部お任せでも非常に効率的な観光が出来ます。ツアーなどに申し込むよりもずっと融通が利いて、しかも効率的です。日本語が出来るというのは蔡さんの強みかも知れません。勿論中国語の勉強の為に日本語を話さないでとお願いすれば、全部中国語で案内してくれますよ。電話番号は当校にお尋ね下さい。
リンク:ここにあるリンクは全て阿甘語言中文科が管理し運営するHPです。情報をご活用下さい。 バナナボート
メッセージは  kantyan2●gmail.com 迄お寄せ下さい。 迷惑メール対策の為、
真ん中の●を@に換えてからお送り下さい。お手数ですが、宜しくお願いします。
台湾で中国語(北京語)を短期間でマスターしよう!のトップに戻る